エラ削りのメリットと効果とは

美容施術についてチェックしておきましょう

エラ削り#エラ削り hashtag on Twitter

エラの悩みを改善するいくつかの施術エラ削りなら問題を解決美容施術についてチェックしておきましょう

エラ削りの手術にかかる時間は、通常2時間から3時間程度です。
全身麻酔を伴いますので、眠っている間にすべての処置が行われます。
手術後は3〜5時間程度専用のサポーターを巻いた状態で休まなければなりませんが、その後は普通に歩いて帰宅することも可能です。
ダウンタイムの長さは手術内容等によって異なりますが、大体2週間程度となるのが一般的です。
ほとんどの場合長期の入院は必要なく、定期的に通院をして診断を受ける形となります。
ダウンタイムがほぼ必要ないボトックス注射と比較するとやや負担の大きい施術方法だといえますが、見た目を改善する効果の高さについては非常に優れています。
真横に張り出したエラを無くす、顎周りを美しく見せたい、など一人ひとりの希望にあった仕上がりを実現することが可能なのです。
骨を削り取った断面は生体反応によってやや再生する場合もありますが、基本的に形状そのものはほとんど変化することはありません。
スッキリとした顎周りを、ほぼ永久的に手に入れることができるのです。
理想的な仕上がりを得るためには、技術力のある経験豊富な医師に手術を担当してもらうことが大切でしょう。
またどのような輪郭を理想としているのか、どういった形に仕上げてほしいのかといった点をしっかりと伝えておく必要があります。
効果に永続性がある手術方法ですので、元に戻すことは基本的に不可能とされています。
人工骨を使用して元のエラの形を再現することは可能ですが、骨そのものを元通りにすることはできないのです。
このため手術を受ける際には仕上がりや結果についてしっかりと医師と相談をし、自分の要望をできるだけ詳細に伝えておく必要があります。
映像によって仕上がりのイメージをシミュレーションしてくれるクリニックなら、より安心して手術を任せることができるでしょう。
エラの目立たないスッキリとした小顔は、顔立ちを華やかで明るい印象にしてくれます。
エラについて悩んでいるのなら、こうした美容施術についてチェックしておきましょう。